トップページ ご案内 ギャラリー リンク ブログ お問い合わせ

sen

prev next


「オオキイノ チイサイノ」

オオキイノは体の大きなこども。
チイサイノは体は小さいけれど大人。
種族は違うけど、二人はいつも一緒に過ごしています。

「起きてください、オオキイノ」

チイサイノが遊びにやってきました。

「オオキイノ!起きて!」
「・・・チイサイノ サッキ カエッタバカリ。オオキイノ マダ ネムイ。」
「オオキイノが寝てる間に、私は帰ってごはんを作って、片付けして、十分な睡眠をとって、朝食もとった上、さらにお散歩まで済ませてしまいましたよ。 太陽だって、あんなに高く昇っているじゃありませんか。」
「・・・・・Z Z Z」
「起きてくれないなら、またツムジを突きますよ・・・」
「・・・オキル」

「チイサイノ ハ モウオオキクナラナイ?」
「私はこう見えても大人なんですよ。オオキイノはこんなに大きいのに、まだこどもなんですねぇ。」

チイサイノはそう言って、オオキイノに寄りかかり、眼を閉じて耳を澄ませました。鼓動のなる音がゆっくりと聴こえ、”あなた達は同じ時間を過ごしていても、違う速さで生きているんだよ。”神様にそう言われたように感じました。
トク・・・トク・・・トク・・・
その音がとても優しく響くので、チイサイノは何故だか悲しくなってしまいました。