トップページ ご案内 ギャラリー リンク ブログ お問い合わせ

sen

prev next


「内証」

“世界はとても不思議だ”

そう言うおじいさんも、不思議な人だった。
ときおり視線が何かを追っているのを僕はよく見る。

「何を見ているの?」

聞いてもおじいさんは いたずらっぽい瞳を向けるだけで
答えてはくれなかった。

〜見えていることを 話してはいけない。
彼らは 知られることを恐れるからだ。
本にも載っていない 不可思議な生き物たち。
本当はいることを知っているけど 認めてはならない。
これは 言葉にしてはならない。〜